キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

キャットフードは市販品と手作りどちらがよいか

キャットフードについて考えるとき、ドライかウェットかという種類に悩むこともありますが、市販品がいいか手作りがいいかと悩むこともあるでしょう。
市販品と手作りフード双方にはそれぞれメリット・デメリットがあります。それぞれの特徴を考え、両者を比較検討してみましょう。


市販品のメリット・デメリット

(1)メリット
市販品の一番のメリットは、栄養バランスが良いことです。
飼い主は総合栄養食であるキャットフードを与えていれば、他に何か与えるべきかどうか悩む必要はなく、安心していられますね。キャットフードにもドライとウェットがあり、さらにはたくさんの銘柄がありますから、数種類を1サイクルとして与え、変化をつければ猫も飽きないでしょう。
ドライフードは水分をあまり含まないので、開封しても長期保存ができる、固いために顎の力がつく点もメリットです。

(2)デメリット
市販のキャットフードの値段は様々で、安いからと言って必ずしも品質が劣るとは言い切れませんが、安いキャットフードの原材料に不安を覚える方もいるかもしれません。
また、保存料や着色料、香料などの添加物はどうしても含まれています。


手作りフードのメリット・デメリット

(1)メリット
手作りフードの一番のメリットは、猫の好みに合わせたフードが作れることです。好みの市販フードを与えていると、猫もやがて飽きてきます。そういうとき手作りフードを与えれば、飼い猫の好みに合わせた食材を与えたり混ぜたりすることで、新しい味を作ることができます。
また、市販フードに含まれている保存料や香料などの添加物を使わないので、安全性も高くなりますね。

(2)デメリット
しかし手作りですから、どうしても手間と時間がかかります。それは当然のことですが、猫に必要な栄養を全部含んだキャットフードを作るのはなかなか難しいです。これが手作りフードの一番のデメリットでしょう。
また、猫にとって有害な食材を完全に入れずに作るのも、案外難しいものです。その禁止食材をあげると、玉ネギ、長ネギ、カカオ類、トマト、貝類、イカ・タコ、青魚、生の豚肉等、実にたくさんあります。
猫用ハンバーグを作ったが加熱が不十分だった、まな板に玉ネギ汁がついていたのが入ってしまったなど、不注意で入ってしまうこともあります。
こうした事情を考慮すると、手作りフードを与えるのは1週間に1回程度の頻度が望ましいです。
衛生的にも、作る過程で細菌が入ったり、保存している間に傷んでしまったりと、手作りはなかなかデリケートなものです。


まとめ

こうした観点からすると、栄養面、衛生面、安全面、またコスト面から言っても、猫に与えるのは市販フードのほうがいいという結果になります。
ただし、自分で作ったものを食べさせてみたいという欲求を持つ飼い主もたくさんいることと思います。
そういう場合は、週に1回程度の頻度として、また量も控えめにして、食べた後も30分ぐらい様子を見るというルールで与えるのがいいと思います。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.