キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

猫がキャットフードを吐いたときには?

猫がキャットフードを吐くことはよくあることです。
いろいろな原因がありますが、吐いても元気であれば問題はありません。元気がないようであれば、病気など体調の悪さが原因ということもありますので、この場合は動物病院を受診する必要があります。

多くの猫にみられる吐く原因は、早食いや食べすぎです。
お腹が空いているために慌てて食べるために起きます。食べたキャットフードをすぐに吐いてしまいます。しかし、吐いた後、吐きだしたものを元気に食べることが多く、問題はありません。
グルーミングで飲み込んだ毛が原因のこともあります。よくグルーミングをする猫や長い毛の猫に多く見られます。吐いたキャットフードにソーセージのような毛の塊が混じっていることがあります。吐き出せないと、毛球症などになる可能性もありますので、吐き出すということは、その可能性が少ないということですから問題はありません。
キャットフードの粒が大きすぎて起こることもあります。猫の歯は、飲み込むために獲物を引き裂くものですから、基本的にキャットフードは丸のみにする傾向があります。そのため、粒が大きすぎると、喉につかえてしまいますので、吐き出そうとするのです。時として、窒息などの危険性もありますので、直ぐに小さめの粒のキャットフードに変えましょう。
また、キャットフード自体が体質に合わないということがあります。キャットフードは、多くの成分をメーカー独自の配合バランスで作られています。それが猫に合っていないという可能性があります。キャットフードの素材自体か添加物によるものかは判断が難しいのですが、度々起こる場合は、このケースが考えられますので、他のキャットフードに変えてあげましょう。
これらのケースでは、猫自体は元気な状態ですから、適切に対応するだけで、病院受診は必要ありません。
キャットフードを吐くだけではなく、元気がない、吐いたものに異物が混じっている、血や泡が混じっている、黄色い液体も一緒に吐く、よだれ、下痢、脱毛、熱があるなどの症状があれば、病気による嘔吐の可能性が高いものです。このような場合は、直ぐに病院受診が必要です。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.