キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

突然切り替えると猫は食べなくなる

無添加のキャットフードに変えて食べなくなるということはありません。
まれに体質に合わないという可能性はありますが、それ以外で食べないということはありません。キャットフードの切り替え方の問題です。

キャットフードの切り替えは、これまで食べていたキャットフードに新しいフードを加え、10%、20%、30%と徐々に割合を増やしていきます。
通常1週間~10日ほどかけて変えていきますが、猫の好みもありますので、状況に応じてゆっくり時間をかけて変えます。その状況を考えずに変えていけば、猫は違和感を感じますので食べなくなります。

とくに、無添加のキャットフードは、健康と安全のためにということで、味付け全体が薄くなりますので、猫の食欲を促進するはずのにおいも弱く、一般のキャットフードへの切り替えよりもより多くの時間が必要です。
におい自体にも違和感はありますが、猫は、食べ慣れたキャットフードが身体になじんでいますので、新しいキャットフードは胃腸などの消化器官の負担となりますので、身体自体が違和感を感じます。様子を見ながら、じっくり構えることが大切です。

一般のキャットフードは添加された香料により食いつきがよくなっていますので、切り替えの手順を踏まなくても、直ぐに新しいキャットフードを食べてくれることもあります。
また、体調への影響がないことも多くあります。
しかし、無添加のキャットフードは、香料などの添加物が入っていないため、においが少なく、反って警戒心を持たせますので、食いつきが悪くなります。タンパク質の量が多くなっていることも、成分自体にも大きな違いがありますので、軟便や下痢など体調が不安定になることもあります。徐々に慣れていくことで改善していくことです。ですから、猫の体調や反応を見ながら、ゆっくりと切り替えていくことが大切です。
別に急ぐべきことではありませんので、1か月、2か月とかけても良いことです。切り替えることを途中でやめるとさらに猫の身体の負担になりますので、多少の変化に動じることなく、様子を見ていきましょう。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.