キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

ドライキャットフードの保存に適した容器とは

ドライキャットフードは空気に触れることにより酸化が進行していきますので、空気を遮断できる密閉容器が適しています。空気を遮断することにより香りの消失や品質の劣化を防いでくれます。

最も身近で簡単なものは家庭で食品の保存にも使われるタッパーや密閉容器です。タッパーは、食品の劣化を防ぐために密閉度も高く、どこの家庭にもあるものです。ドライフードを保存する際に、脱酸素剤や乾燥剤を入れておけば、効果は高くなります。密閉容器もワンプッシュで開け閉めができ、密閉度がさらに高く、保存性に優れています。

キャットフード専用のストッカーは、除湿剤とフード用のスコップがふたの内側に組み込まれているものがおすすめです。取り外しが簡単で、期限を見計らって除湿剤の取り換えができますので、手間をかけずにキャットフードの新鮮さを保つことができます。取っ手がついて、持ち運びにも便利です。
その他にも容量が1㎏程度から10㎏ほどまで、たくさんのタイプがありますので、猫の数や収納スペースなど、ご家庭に合ったものが選択できます。

キャットフードの新鮮さを最もよく保存できるのは、真空フードストッカーです。真空状態ですから、酸化の進行をかなり抑えることができます。ポンプを使って空気を抜く手動タイプと電動式で真空になるものがあります。手動式は、ポンプを使って空気を抜きますので手間がかかりますが、価格的には多少安くなります。完全に真空ではありませんので、時々空気を抜く必要があるといいますが、給餌の際には開け閉めしますので、それほど神経質になる必要はありません。
電動式はボタンを押すだけで開け閉めができ、自動で空気を抜いてくれますので簡単で効果は高いものですが、他のものに比べると、価格的にもやや高くなります。また、故障した時のことを考えると、甲乙つけがたいものがあります。
ドライキャットフードを保存するための容器は、いろいろな種類、タイプがあります。キャットフードの購入の仕方も小さなパックを購入されたり、大きなパックを購入されたりと、ご家庭によって違います。それぞれの保存容器を比較検討し、状況に合ったものを選択してください。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.