キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

キャットフードの正しい保存方法

キャットフードは開封した瞬間から酸化が進行しますので、早めに食べてしまうこと、残ったものは正しく保管することが大切です。
とくにウェットフードはドライフードよりも多くの水分を含んでいますので、酸化は速く進みます。そのため、開封したら使い切ってしまうことが基本です。
使い切りタイプの小さな缶詰やパウチなども多く販売されているため、それを利用する方がいいでしょう。
大きめの缶詰を開けた場合は、与える分だけをトレイに出し、残りは密閉容器に入れ、冷蔵庫に保存します。しかし、酸化は進み、風味も落ちますので、できるだけ当日中に使い切りましょう。

ドライフードは、袋のまま台所や部屋の隅に置いておくという方が多いのですが、これでは保存したことにはなりません。開封後は水分が少ないので酸化は遅いのですが、空気に触れれば酸化は進み、湿度が高ければ、カビの生えることもあります。
開封後は袋をしっかり密閉し、直射日光の当たらない風通しのいいところに保管します。できれば、密閉容器に入れると良いでしょう。密閉容器は、空気を遮断することになります。また、湿度の高い時期には湿気の侵入を防ぐこともできます。直射日光に当たると風味も落ちてきますので、日の当たらない戸棚の中など家の中でも気温の変化の少ないところに保管します。
気温が高いところや気温の変化が大きいところはキャットフードの劣化を早めます。密閉容器に入れて湿度を遮ったにもかかわらず、気温の変化が大きいと、容器内の結露の可能性があります。
キャットフードが水分を吸収して柔らかくなったり、水分が多く蒸すような状態になりますので、カビが生えやすくなります。ドライフードを冷蔵庫で保管する方もありますが、これも出し入れで温度変化が大きくなりますので好ましくはありません。湿度を調整し虫がつかないということから昔から着物などの保管に使われた桐を利用した保管箱なども販売されていますが、自然な素材の優れた保管方法といえます。常温で温度変化の少ないところで保管することが大切です。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.