キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像
比較厳選:医療費を軽減できる「PS保険」
画像 画像
ネコの医療保険について考える
画像

万が一の時のことを考えると猫に関しても保険には加入しておきたいところ。
ケガや病気のときに十分な医療を受けさせてあげる為には結構な費用がかかるものです。
そんなときに保険に入っておくと安心ですよね。
プランにもよりますが、最大で100万円まで保障してもらうことができます。
入院を伴わない一日だけの通院も対象に保障してもらえる保険もあります。

私も医療費で困ることのないように三匹全員を加入させています。
個人的な意見ですが、キャットフードに気を遣うのと同じくらい大事なポイントだと考えています。

ここでは、そんなペット保険の中から私が吟味した結果。
最終的に選ぶことになったPS保険を例にとって特集しました。

PS保険のメリット

保険料が安い!

画像

PS保険なら月払い1500円からの家計に優しい保険料で充実したサポートを受けられます。

プランによって保障される金額や保険料は異なります。
公式サイトでも詳細に記載されているのでチェックしてみてください。
10秒での保険料見積もりや無料の資料請求も可能です。

かなり安い価格で通院・入院・手術の全てを保障してくれるのが最大のメリット。
補償プランは100%、70%、50%と三種類が用意されています。
いずれの場合でも保険料と補償内容が優れています。
他の保険会社と比較してみると、その点がかなり優秀で私も満足しています!

補償プランも比較的分かりやすく体系化されています。
各家庭ごとの都合にあわせて選びましょう。

補償対象が幅広い!

私が気に入ったのは、このポイントでした。
膝蓋骨脱臼や椎間板ヘルニア、ガンに至るまで補償されるのです。

さらに、特約プランを選ぶと万が一の場合のペット用車イス費用も補償されます。
(支払限度額は100,000円)

一日○円まで保障・・・
年間に○回までしか請求できない・・・
そういった厄介な制限が非常に少ないのです。
この点は他のペット保険と比べても非常に優れたメリットと言えるでしょう。

※具体的には、基本的には年間に通算20日までと考えると簡単です。
(入院の場合は30日までとなります。) 手術限度回数に関しては公式サイトをご覧ください。
もちろん全国の動物病院が補償の対象となります。
さらに、保険金請求に診断書は原則不要です。
(ごく稀に必要なケースもあります。)

先述した様に保険料も他と比べるとリーズナブルと言えると思います。

保険金の支払いがスピーディ

とにかく対応が素早く、余計なストレスや心労がないというのも嬉しいですね。
インターネットを中心に運営されているペット保険ですが、補償内容・保険料の問い合わせ・保険金請求などの【連絡】に関してはとにかく丁寧で親切。
保険金の支払いもスピーディです。

請求書到着から着金までの平均日数は3.6日なのだとか。
これは、かなり早い方だと思いますよ!
そんな実績も口コミなどで高く評価されています。


PS保険のデメリット
画像

PS保険だけのデメリットではありませんが、やはり保険料を毎月支払うのが大変・・・ と思ってしまう人も少なくありません。
私も最初はそう思っていたのですが、やはり保険に加入しておかないと支払が難しい手術などの心配があるのも事実です。

そこで、私は保険に加入しても負担が大きくならないように下記のような考え方をするようにしました。

他の固定支出を削り、その分を保険料金に充てる!

例えば、私の場合であれば、まず通信費を見直しました。
スマホにしたけど、結局スマホよりパソコンの方が便利なので、あまり使うことがなくて。
それで基本料金も安くて機種代金もかからないガラケーに変更。
これだけでもかなり固定支出が減りました。

もちろん、通信費を削ることができる人は多くないでしょう。
その点は人によって都合の良い部分を削ればOKです。
「減らせる所を減らして、その分を猫たちの医療費」に…
という感覚なら節約も全然苦にならないですよ(笑)

>> 10秒見積もりはこちらから <<

>> 無料資料請求はこちらから <<

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.