キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

キャットフードを酸化しないように保存するには?

キャットフードが酸化しないように保存するには、いくつかの方法があります。
まず、開封後のキャットフードの袋をしっかり閉めて、密閉容器に保存することです。
容器はキャットフードが丸ごと入る程度の大きさで、あまり大きすぎないものを選びます。
キャットフードが空気に触れることで酸化は進行しますので、余分な空気を入れないことです。脱酸素剤を入れると効果的ですが、なければ、新聞紙を底に敷いたり、上にかぶせたりすると、余分な水分を吸収してくれます。最も簡単で、手間のかからない方法です。
タッパーや袋に分けて保存する方法もあります。袋はジッパー付きのものを使用し、充分に空気を抜くようにします。脱酸素剤を入れて、保存すると、より効果的です。小分けすることで、必要な時にひとつずつ開けることができますので、新鮮さを保つことができます。
もう一つは、真空保存容器を使う方法です。袋から容器にキャットフードを移し、手動ポンプで空気を抜くものから、スイッチ一つで、電動で自動的に真空状態にしてくれるものまで、いろいろな商品があります。大きさや形状もいろいろあり、価格もかなりの幅があります。手動の方が手間はかかりますが、故障した時のメンテナンスなどを考えると電動よりも安心して使えます。3.5Lほどのものもありますので、大きさは十分で、価格もそれほど高価ではありません。大きさ違いでセットになっているものもあり、保存のメインに使うものと、日々の食事に使うものとを分けて使えば、効果は高くなります。検討してみるのもいいでしょう。
いずれの方法でも、保管場所は直射日光の当たらない、湿気の少ない、風通しの良い気温変化の少ないところというのは変わりません。また、しっかりした保存ができているとしても、1か月以内には食べてしまうことを基本と考える方がいいでしょう。大きなパックの方が割安にはなりますが、できるだけ早く食べてしまえるような小さめのパックを選ぶのもキャットフードが酸化せずに、愛猫がおいしく食べられる方法です。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.