キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

キャットフードの計り方

総合栄養食のキャットフードを与える際に大切なことは、適量を与えるということです。多すぎれば肥満になったり、充分消化できなければ下痢をしたり、少なすぎれば栄養不足になってしまいます。ですから、キャットフードのパッケージに記載されているカロリー量から愛猫に必要な量を計算して与えることが必要です。
キャットフードストッカーを購入すると、除湿剤とスコップがセットになっているものがあります。これを利用される方も多いのですが、スコップは、1杯が約200㏄ですが、これを1回分と勘違いしがちなのですが、キャットフードにもよりますが、約1日分になりますので注意が必要です。

最も簡単な方法は、ペットショップや百均で販売されている計量カップです。側面にメモリがあり、キャットフードの量がわかりやすくなっています。ハンドルがついたものもありますので、手を汚さずに給餌できます。

デジタル式の計量カップは優れものです。カップですくったキャットフードの量をハンドルのデジタルメーターが表示してくれますので、しっかりと計れます。
計量スプーンを利用する方法は多頭飼いにも便利です。最初は計量器で適量を計る必要はありますが、1回分を計量したら、それに合ったスプーンを使う方法です。洗剤などを計量するメジャースプーンは、1回分に適したものがあります。少し大きめでも内側にメモリがついていますので、計りやすくなっています。すくうだけで適量になっていますので、素早く給餌ができ、猫たちを待たせることはありません。
メモリの入っただけのアクリル製のメジャーカップは、体重差の大きい多頭飼いに最適です。小柄な猫が3㎏ほど、大柄な猫が6㎏以上などの体重差が大きい場合は、それぞれの体重に合わせた給餌が必要になります。アクリル製の透明のカップであれば、側面にマジックやテープで適正な量の目印をつけておけば、簡単に計量できます。
体重によるキャットフードの適正量は一つの目安で、小柄でも大食の猫や大柄でも小食の猫もいます。これらの方法を参考に、家庭に合った計り方を工夫してみるといいでしょう。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.