キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

食べ残したキャットフードはどうするか

食べ残したキャットフードは、安全面・衛生面からは廃棄します。そのまま出しっぱなしにしておいても、風味は落ちていきますので、その後食べる可能性は低くなります。
とくに、ウェットフードであれば必ず廃棄します。
一度口をつけたものは、唾液や口の中の雑菌が付着している可能性が高く、ラップをかぶせて冷蔵庫び保管したとしても、傷みは進行しますので、衛生上好ましくはありません。
ウェットフードを与えるのであれば、割高になりますが、食べきりタイプの少量の缶やパウチなど利用する方がいいでしょう。大きな缶詰であれば、残す分をはじめから取り分けて、密閉容器に入れて冷蔵庫で保管し、当日中を目安に使い切りましょう。

ドライフードであれば、20~30分したら一旦トレイを下げます。ラップをかぶせたり、大きめの密閉容器に入れて常温で保管し、次の食事のときに継ぎ足して与えます。外出などで不在になる場合は、出しっぱなしでもいいのですが、普段から出しっぱなしにすることは、ダラダラ食いを助長するだけです。
いつでも食べられるとなると、きちんとした食事ができなくなり、健康管理はできず、病気だった場合の気づきが遅れ、対応も遅くなってしまいます。
食事のメリハリをつけるようにすると、今食べなければ食べられないという意識づけになります。そうすると、食べ残しもなくなりますので、食欲の管理もでき、健康の管理もできるようになります。空腹の時間を作ることも、猫の健康にはとても大切なことです。

食べ残しはキャットフードの与えすぎが大きな原因です。
可愛いからたくさん食べて元気でいて欲しいということなのですが、猫にも限度がありますので、食べる量を把握することが大切です。
一度に与える量を食べられる量にすることで、食べ残しはなくなります。少し足りなくて後で欲しがるようであれば、おやつなどを与えて調整すると、猫とのコミュニケーションの機会にもなります。
食事も愛猫の健康管理と考えて、適切な量を与えるようにしましょう。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.