キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

高級キャットフードのメリット

キャットフードの種類は様々で、大きくはドライタイプとウェットタイプに分けられます。さらに、それぞれたくさんのブランドがあり、価格帯もまた幅広いです。
それらの中で、今までよりも高級なキャットフードに切り替えたいというのは、飼い主共通の思いでしょう。高級フードを猫が嬉しそうに食べれば、飼い主の喜びも大きいというものです。
しかし、猫は必ずしも高級フードを喜んで食べるとは限りません。では、そのような場合には、どうすればよいのでしょうか。

高級キャットフードのメリット

高級フードには、高級である理由がきちんとあります。それをあげてみましょう。

(1)安全な材料を使っている。
生産地のはっきりした新鮮な材料は、人間のみならず猫にとっても大切なことです。

(2)適切な衛生管理のもとで製造されている。
価格が安いということは、安価な材料を使って安い賃金で製造しているということであり、衛生面への配慮は期待できません。製造工程も信頼できるものでなければ、安心できるキャットフードとは言えません。

(3)中身にコーンスターチ等の「水増し」材はなく、猫にとって必要な栄養がそろっている。
これはドライフードに多いのですが、猫が消化できないデンプン質を混ぜて量を増やしている場合があります。それがなければ、猫にとって真に必要な栄養でできているキャットフードであると言えます。

(4)猫の健康にとって有益である。
これらのことから結果的に、高級フードは猫の健康にとって有益なものであると言えます。


第一には、猫の好み

そもそも「高級」というのは人間が作った尺度であって、当然ながら猫にとっては、好みの味・香り・食感のキャットフードが一番いいわけです。ですから、飼い主が良かれと思って「高級」フードに変えたとしても、猫が嫌がって食べないということは、十分ありえることです。

これは、野生の猫が育つ環境を考えてみればよく分かります。
猫は肉食動物ですから、漁港で生まれた猫は、魚をメインに食べて育つでしょう。また田園地帯であれば、ネズミやカエルを主食としていることが考えられます。そうして長年親しんだキャットフード(獲物)を、いきなり変えてしまったら、猫はびっくりしてしまいますよね。
人間が見れば同じ動物性タンパク質でも、魚とネズミでは、見た目の形・匂い・味・食感の全てが違います。栄養は同じと言われても、猫にとっては全く違う食べ物。長年親しんだ獲物が一番いいに違いありません。
高級フードに変えても食べないというのは、これに似た状況であるということです。
ですが単に高級フードがお口に合わないということですから、飼い主さんは、あまり深刻に考える必要はありません。


体調不良も疑ってみよう

また猫が高級フードを食べないときは、可能性は低いですが、体調不良も疑ってみましょう。
特に、高級フードを与える時期が季節の変わり目の場合や、10才以上など既に老猫の年齢に達しているという場合には、キャットフードを変えたことで、猫が本来の食欲を発揮できない場合があります。

また、環境が変化していなくても食べない時には、病気を疑ってみてもいいでしょう。例えば内臓疾患、あるいは歯の病気などで、食べたくない理由があるのかもしれません。

体調不良でなくても、引っ越し等の環境変化によって、猫がストレスを受けている場合もあります。「猫は家につく」と言われるぐらい、猫は環境に依存する生き物ですから、フードを食べない原因が環境的要因にあることは、十分考えられることです。
飼い主としては、猫の食べ物のみならず、猫が生活する環境までも総合的に考慮しておきたいですよね。


食べさせるための方法

(1) 混ぜる
そこで、高級フードを食べさせたいときには、まずは今までのキャットフードと高級フードを混ぜてみましょう。その場合、今までのキャットフードを多めにします。それで食べてくれれば、徐々に高級フードを増やしていきます。

(2) トッピングで食べさせる
混ぜる以外の方法としては、今までのキャットフードを高級フードにトッピングする方法もあります。
慣れ親しんだフードを食べているうち、「あれ? 味が変わったけど、まいいか」と食べさせてしまうというわけです。
ただしトッピングとして適しているのは、ウェットフードです。ドライフードでは崩れてしまいますから、ドライフードの場合は混ぜる方法がお勧めです。


できれば高級キャットフードに切り替えたい

「高級フード」は人間が考えた尺度でもありますが、猫にとっても安心で栄養価の高いキャットフードであることはお分かりいただけたと思います。愛する猫には、健康で生き生きと、長生きしてもらいたいものですよね。
そのためには、材料から製造方法までより安心できる高級フードを与えたいと思うのは自然なことです。

なかには、高級フードよりも低価格のキャットフードを好む猫もいると思いますが、それはおそらく今まで食べてきた習慣によるものでしょう。
安価なキャットフードは、たとえ総合栄養食と表示されていても、粗悪な品質のものもあります。から、なるべくなら、安心できる高級フードを与えたいものです。切り替えに要する時間は猫によって違いますが、いずれ慣れてくれるでしょう。
そうすれば毛並みもよくなって、猫が健康になってきたことが目に見えて分かってくるはずです。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.