キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

猫の口が臭いのはキャットフードの選び方のせい?

猫が口が臭いのはキャットフードの選び方のせいではありません。
ウェットフードはドライフードよりも汚れが残りやすいといわれますが、それほど大きな差ではありません。
それよりも、歯についた汚れを落とすのが難しいことにあります。
猫用の歯ブラシや歯磨き用のガーゼなど歯のお手入れのツールはありますが、嫌がってさせてくれません。させてくれる猫は例外中の例外で、歯磨きをしようとすると、手や指に穴が開いたり、引っ掻き傷が増えるだけです。そのため、汚れを放置することになり、歯垢が歯石になり、やがて歯肉炎となり、口が臭うようになります。
歯肉炎の段階では、歯茎から多少の出血が見られる程度で、歯はしっかりしています。進行して歯周炎となると、歯茎から出血しやすくなり、歯周ポケットも深くなり、歯がぐらぐらするようになります。口臭も強くなります。
さらに進行すると、歯垢や歯周ポケットで繁殖した細菌が歯周病を引き起こします。歯肉に炎症が起こり、歯垢は石灰化して歯石となり、一層歯垢がつきやすくなります。臭いもさらにきつくなります。年齢が上がるごとに進行していきますので、高齢の猫ほど臭いがひどくなります。

猫の口の臭いの予防は、子猫の時から歯磨きを行うことです。嫌がりますので難しいのですが、猫用または子供用のヘッドの小さい歯ブラシやガーゼ、綿棒などで毎日磨き、習慣化します。介護用の先端がラバー製のものも有効です。先端は小さく柔らかい材質ですので、使いやすくなっています。難しい歯のケアは根気がいりますが、この地道な方法しかありません。

歯垢・歯石予防用として、粒の大きめのドライフードが市販されています。特殊形状になっており、噛むことで歯の表面の汚れや歯垢を落としてくれるといいます。完全に予防できるものではありませんが、多少汚れを落としてくれるという程度で、大きな効果は期待できません。
猫の口が臭い原因として、病気も考えられます。口臭にくわえて、元気がない、食欲がない、嘔吐、下痢、咳、鼻水、くしゃみ、目ヤニが多いなどの症状があれば、直ぐに動物病院を受診した方がいいでしょう。猫風邪や尿毒症、腎臓病などの可能性もあります。臭いが急に強くなったという場合は、急を要する状況でもありますので、早めに対応しましょう。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.