キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

ウェットキャットフードの与え方

ウェットキャットフードは、総合栄養食であれば、毎日の主食として与える事はもちろんですが、猫に水分を摂らせたい時にも役立ちます。種類も豊富で、様々な形状や硬さのものがありますので、用途によって使い分けましょう。

総合栄養食の場合

食の好みにより、ドライキャットフードよりウェットキャットフードが良い猫もいます。毎日の食事としてウェットフードを与える場合、必ず「総合栄養食」の表示があるものを選んでください。どの商品にもパッケージに表示があります。
総合栄養食のキャットフードには、猫に必要な栄養素がバランスよく含まれており、あとは水さえあれば健康を維持できるものです。
愛猫の年齢、体重によって一日に与える量や回数は異なります。

ですが、ウェットフードを主食として与えるのは、硬いドライフードが食べられない子猫や、老猫が一般的です。
健康な成猫にウェットフードを主食として与えるのはなるべく避けましょう。
顎の力が弱くなる原因になったり、歯周病のリスクも高くなります。
硬いドライフードが食べられる猫には、主食にはドライフードを与え、補助的に一般食のウェットフードを与えるようにしましょう。
また、ウェットフードを主食として与える場合、飼い主の経済的な負担も大きくなります。
ウェットフードはドライフードと比べて低カロリーなので、猫に1日に必要な摂取カロリーを与えるためには、量が多く必要になります。
製品の内容量が多く高カロリーなドライフードと比べると、ウェットフードはコストパフォーマンスが悪いです。


一般食の場合

一般食とは、見た目や匂いなどで猫の食欲を上げるほかに、水分を補うために補助的なに与えます。
栄養面では偏りがありますので主食としては与えないように気をつけてください。
パッケージにも、「総合栄養食と一緒に与えてください」と表示されています。
主食にトッピングし、おかずとして利用すると良いでしょう。
たまに与えるおやつや、頑張った時のご褒美など、猫とのコミュニケーションにも利用できます。


ウェットフードの種類

・フレークタイプ
肉や魚をそのまま加工してあり、匂い、食感共に食べごたえがあります。健康な成猫への主食には、こちらのタイプを与えるようにしましょう。

・ペーストタイプ
噛み砕く必要がない滑らかな口当たりのキャットフードです。食べ物を消化吸収する際、体への負担が少ないので、離乳期の子猫や体調不良の猫などに有効です。

・スープタイプ
具よりもスープが多い食事です。舐めて食べるタイプなので、病気療養中の猫、歯の弱い子猫や老猫にも食べやすくなっています。水分を多く含むため、水をあまり飲まない猫にも有効です。


ウェットキャットフードを与える際の注意点

1.歯周病・口臭に注意する

柔らかい食感で粘り気のあるウェットフードは、猫の歯に付着しやすくドライフードに比べて歯垢が付きやすいと言われています。それに伴い、キャットフードの匂いが口に残りやすいため、口臭の原因にもなります。

歯周病まで悪化してしまうと、歯のぐらつきや痛みから食事が摂れなくなり、命に関わってきます。治療も、麻酔を使用した大掛かりなものになってしまいますので事前の予防を心がけましょう。
これらはウェットフードだけにいえる事ではありませんが、ウェットフードは特に飼い主による食後の歯のケアが、非常に大切だという事を覚えておいてください。


2.開封後はその日のうちに使い切る

ウェットフードは、未開封の状態ですと3年ほどの長期保存が可能ですが、開封後は傷むのが早いため、必ずその日のうちに使い切るようにしてください。
取り分けた後の残りは、密封容器に移して冷蔵保存しておきましょう。猫が食べ残してしまったものは、雑菌が繁殖しやすく腐敗が進みますので、すぐに破棄して食器を綺麗に洗い清潔を保ちましょう。

このように、ウェットフードは水分補給や嗜好性を高めて猫の食いつきを良くするほか、ダイエットが必要な猫の場合、カロリーを抑えるために、ドライフードの割合を減らしてウェットと組み合わせた食事でカロリー調整をすることも可能です。適宜目的に合わせた使い分けで、愛猫の健康管理に役立ててみてください。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.