キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

グレインフリーキャットフードを知ろう

みなさんはグレインフリーという言葉をご存じですか?
昨今、ペットフードも各メーカーから多種多様な商品が出ており、ペットショップや病院だけでなく、スーパーやドラッグストア、ネット販売などで手軽に購入できるようになりました。その中で「グレインフリー」の表示を目にしたこともあるかと思います。
今回は、グレインフリーのキャットフードについて考えてみたいと思います。
これから家族の一員として猫を迎える予定の方、現在猫との暮らしを楽しまれている方もキャットフードを選ぶ際の参考になれば幸いです。

グレインの意味

まず、グレインの意味についてご説明いたします。
ペットフードでいうグレイン(Grain)とは、穀物の事です。
主に米・玄米・小麦・大麦・大豆・トウモロコシなどを指します。グレインフリーとは、穀物を使用していないという意味になります。


猫と食事

1.猫に必要な栄養素
食事から栄養をバランス良く摂ることは猫も人間も同じですが、必要な栄養素は同じではありません。穀物は人間にとってエネルギー源となる糖質が主に含まれている炭水化物で、我々はこれらを主食として利用しています。

炭水化物は、糖質(可溶性無窒素物)と猫には消化吸収が難しい繊維の合わさったものです。猫のエネルギーは、動物性タンパク質、脂肪、そしてこの糖質から作られています。
しかし、猫にとって炭水化物から得られる糖質はさほど重要な栄養素ではありません。なぜなら、猫は徹底した肉食の動物だからです。タンパク質や脂肪の多い動物性の食事を充分必要とする体のつくりなのです。
糖質は、人にとっては体に負担が少なく素早く吸収できるエネルギー源として重要な栄養素ですが、猫にとっては肉や魚などから得られる動物性のタンパク質の方が重要です。とはいえ間違えないで頂きたいのが、猫は炭水化物の処理能力が高くないだけで全くないわけではありません。元々繊維の少ない食事を摂っていた猫にとって、炭水化物は肉などのメインディッシュのついでに摂取する程度で良いという事です。
 
同じネコ科のライオンなどを思い浮かべてみてください。野生で生きている彼らの食事は、草食動物のインパラやシマウマ、木の実などの穀類を食べる小動物などです。それらの獲物を余すところなくバランスよく食べて生きています。獲物の消化器官などに残された植物性の栄養も同時に摂り上手に栄養素を得ています。
このように考えるとイメージし易いかもしれません。


2.グレインの有無による原材料と栄養成分の違い
では、グレインが使用されている一般的なキャットフードと、同じ銘柄同じ味のグレインフリーの商品の原材料と栄養成分を比較してみたいと思います。
現在、私自身も二匹の猫と共に生活しており我が家で与えているメーカーの商品で比較してみました。比較した結果、原材料名についてはその商品にしか入ってないもの、成分値については違いがあった部分のみを記載しています。

成猫用(サーモン味) グレインフリー成猫用(サーモン味)
原材料名 ・粗挽き米 ・乾燥ポテト
・玄米 ・ポテトスターチ
・オートミール(オーツ麦) ・エンドウマメ
・ミネラル(セレロール)
成分値 ・リン 0.8%以上 ・リン 0.5%以上
・リノール酸 3.3%以上 ・リノール酸 4.0%以上
・マグネシウム 0.15%以下 ・マグネシウム 0.1%以下

上記の項目を比較すると、グレインフリーのキャットフードには米や麦は入っておらず、代わりにポテトや豆が使われています。素人の人からするとじゃがいもは穀物では?と感じてしまいますが、じゃがいもには猫に必要な栄養素がしっかり含まれているのです。
じゃがいもはビタミンC、葉酸、カリウムなどを豊富に含んでおり、エンドウマメはカリウム、リン、カルシウムを多く含みます。これらの野菜には食物繊維も含まれていますので、前述したようにタンパク質と同時に摂取することができ腸内環境を整え、毛玉の排出や排便の手助けをしてくれます。

次に成分値を見てみましょう。
さほど違いはないものの、グレインフリーフードはリノール酸の割合が少し高く、逆にリンの割合は穀物入りのキャットフードが上回っています。リンの働きは、骨や歯を形成し、脂肪・炭水化物の代謝を助けます。グレインフリー商品は数値的にみると一般の商品より低いですが、炭水化物が少ない分リンの値も抑えられているのだと考えられます。
猫にとって必須脂肪酸であるリノール酸は、猫の様々な機能に関与しています。必須と言われているだけあって猫はリノール酸を食事からしか摂ることができません。
また、マグネシウムの過剰は病気の引き金にもなります。猫は尿結石などの尿路障害を起こしやすい動物ですので、これらの数値はより低いほうが良いとされています。

製造メーカーや何を主原料とするかで項目は変わってくると思いますが、グレインフリー商品は猫の為に栄養面でしっかり向き合って作られているのです。


グレインフリーのメリット

1.アレルギー対策
猫も人間と同じようにアレルギーの症状が出てしまう事があります。猫のアレルギーの原因は様々ですが、食事が原因の場合にこのグレインが関係している可能性があり、特に小麦・トウモロコシはアレルギーを引き起こす原因になりやすいと言われています。アレルゲンを取り除く事でアレルギー症状を改善することが期待できますので現在、皮膚炎や風邪のような症状が続いているようであれば、一度キャットフードを見直してみてはいかがでしょうか。

2.消化不良の改善
グレインは、糖質を主とする炭水化物です。その他の栄養素として植物性タンパク質、ビタミン、カルシウム、食物繊維なども入っています。前述したように、肉食動物の猫は、残念ながら炭水化物の処理能力があまり高くありません。猫によっては消化不良を引き起こし嘔吐や下痢の症状が出ることがあります。消化吸収の苦手なグレインを使っていないので猫のからだへの負担も少ないでしょう。

3.肥満の予防
穀物の割合が減ることで、糖質を抑えることができ結果肥満の予防に繋がります。 不要な穀物が少なく、肉・魚などの主原料の割合が増えるグレインフリー商品は、猫に必要な栄養を摂取しつつ病気へのリスクを軽減してくれるのです。


ペットフードにグレインを使用する理由

猫にとって特に重要ではないグレインがキャットフードによく使用される理由は何でしょうか。
それは、肉や魚よりも材料のコストがかからない為です。穀物の割合を増やしてかさ増しし、高価な肉や魚の割合を下げて商品の生産コストや販売価格を下げているのです。そのため、グレインフリーの商品は少し割高に感じてしまうかもしれません。機会があればキャットフードの原材料欄を確認してみてください。極端に低価格な商品は経済面でとても魅力的ですが、猫のためではなく人間側の理由が隠されているという事を知っておいてほしいと思います。

いかがでしたでしょうか。「グレインフリーキャットフード」は、病気にかかるリスクを減らし、猫のからだへの負担を考慮した善良なキャットフードだと言えます。
人間と同様に、猫にとっても食べる事は生きていく上でとても重要です。健康的な猫ライフを送るためにも猫にとって何が良いのかを考えてキャットフードを選ぶようにしましょう。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.