キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

ウェットキャットフードの一般食とは

ウェットキャットフードには、「一般食」に分類されるキャットフードがあることをご存じでしょうか?
ウェットフードはどれも同じではありません。分類ごとに栄養成分値に違いがあり、各々与える目的が異なります。

一般食の位置づけとしては、「主食」の総合栄養食に対して、「副食」です。素材そのものを活かして作られており、多くの一般食が缶詰やレトルトパウチ商品として販売されています。


一般食を与える目的

・食欲増進
魚や肉本来の食感を残しているので、猫にとってはとても魅力的な食べ物です。ドライタイプのキャットフードより匂いも強く、猫の食いつきを良くします。食が細くなってあまり食べられない猫や、食への興味が薄れてしまった猫には、主食になる総合栄養食と一般食を併用して、食事に変化をつけてあげると良いでしょう。

・水分補給
ウェットフードは75%以上の水分含有量があります。おかずとして、ドライフードにトッピングするだけで、手軽に水分を摂ることができます。水をあまり飲まない猫や、夏場の気温が高い時など、脱水を防ぐためにおすすめの与え方です。
タイプ別の水分含有量については、スープタイプが一番高いです。

・ドライフードを食べない時
好みによりウェットキャットフードしか食べない猫もいます。
しかし、ウェットフードだけを与え続けると、歯垢が付きやすく歯周病になる可能性があり、やわらかい食事ばかりで歯や顎が弱くなるリスクも高まります。飼い主にとっても、コストがかさむデメリットがあります。
そのような猫には、一般食を混ぜ込むことでドライキャットフードを一緒に食べてくれる場合があります。量が多いと栄養バランスも偏りますので、与える量を調整しながら、できるだけドライキャットフードが主食となるように管理してあげましょう。

・猫とのコミュニケーションを図る
愛猫との触れ合いや、留守番などで長時間待たせたときなど、ご褒美として与えても良いでしょう。与える際は、食事の時間なども考慮したうえで適量にしましょう。


一般食を与える時の注意点

一般食は、総合栄養食のドライフードと一緒に与えなければいけません。一般食は1日の必要カロリーの20%以下になるように調整して与えます。一般食だけを主食として与えていては、栄養バランスに偏りが出てしまい、猫が栄養不足に陥ってしまいます。
毎食与える必要はありませんので、その時の猫の状態に合わせて、適宜プラスしてあげると効果的です。

ウェットフードなのでカロリーは控えめですが、猫が欲しがるからといって、その都度与えていては肥満の原因になります。ご褒美や躾として与える場合は、適切な量を与えカロリーを摂り過ぎないように配慮しましょう。

また、ウェットフードは一度開封したものは鮮度が落ち、腐敗が進みます。一度に食べ切れる量を与えるように気をつけましょう。残りは密封容器に移し替え、冷蔵庫で保管してその日のうちに使い切るようにしてください。食べ残してしまったものは、雑菌の繁殖を防ぐためにすぐに破棄しましょう。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.