キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

キャットフードは冷凍しても良い?

ドライフードは開封して1か月を期限として使い切る方がいいのですが、大きなパックの方が割安ですから、分かってはいても大きな袋を買ってしまう方が多いものです。
その場合は、密閉容器や真空容器などに1回分、または1日分に小分けして冷凍保存すると良いでしょう。ただし、開封して空気に触れた瞬間から酸化は始まり、どんなにしっかり保管したとしても、進行を遅らせることはできても、止めることはできません。

冷凍保存すると、2~3か月はそれほど風味が落ちることなく保管できます。湿気の多い梅雨時などにも有効な方法です。
冷蔵庫内は結露しやすい場所で、カビが生えることもありますので、必ず冷凍庫で保管します。
密閉容器や真空容器に小分けする際には、キャットフードの量に合った大きさのものを選び、余分な空気が入らないようにします。除湿剤や乾燥剤、脱酸素剤などを一緒に入れると、においや風味が落ちるのを抑えることができます。
ジッパー付きの袋を利用する場合は、しっかり空気を抜くようにしてください。酸化を抑えるためには、空気に触れないように保存することが大切です。小分けしたものは必要に応じて必要な個数だけを出しますので、それ以外のものは同じ状態で保存できますので、品質も風味も落ちにくくなります。

しかし、1か月以上かけないと食べきれない量を保存容器に入れて冷凍庫に保存するとなると相当な量になりますので、効果はあってもあまり現実的な方法とはいえません。冷凍庫を占領してしまい、本来の用途として使うことができません。湿気の多い時期の対策程度にとどめるべきでしょう。
キャットフードは、基本的に常温で保管し、1か月以内で食べきることを前提に作られていますので、手間をかけて長期保存するよりも、食べきる量のキャットフードを購入することが望ましいことです。上手く保存できずに愛猫の健康を害するようなことになれば、愛猫を苦しませ、もっと大きな経済的負担もかかってきます。おいしいものをおいしい内に食べさせてあげましょう。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.