キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

総合栄養食以外のキャットフードの活用方法

毎日の猫の主食として利用する「総合栄養食」に対して、副食といわれる「一般食」や「栄養補完食」、「おやつ」などの間食はどのように活用すれば良いのでしょうか。注意点も併せて見ていきましょう。

総合栄養食にトッピングする

・嗜好性を上げる
主食だけだと食いつきが悪い時などに非常に有効です。
ウェットタイプのものですと、フレーク、ペースト、スープと、タイプ別のラインナップも多種多様です。愛猫が喜ぶ味を見つけてあげてください。
嗅覚が優れている猫は、匂いで食べ物かどうかを判断する動物です。
ドライキャットフードだけより匂いが強いので、トッピングで嗜好性を上げて猫の食欲を増進させる効果があります。
また、煮干しや鰹節といった素材そのものの商品もあります。なるべくペット用に塩分や添加物を加えていないものを選んであげましょう。

・水分補給
ウェットタイプの副食の場合、水分含有量が非常に高く、75%以上含まれています。
主食の総合栄養食にトッピングしてあげる事で、手軽に食事から水分を得ることができます。
猫が一日に必要な水分量は、体重1kgにつき50mlと言われています。総合栄養食のドライキャットフードを与えている場合、水分不足になることが多いので、トッピングで水分を効率的に補ってあげましょう。


猫とのコミュニケーションを図る

・ご褒美を与える
爪切りやブラッシングを大人しくさせてくれたり、病院に行く際ケージに入ってくれた、シャンプーをさせてくれたなど、猫があまり好まない行為をした後にご褒美として与えると良いです。行動とおやつを関連付けることで、「これをすれば良いことがある」という意識づけができます。
ただし、あまりにも日常的なことであったり、喜ぶからと無意味に与えていてはご褒美の意味がありません。あくまで、特別なことをした時に限定し、頑張ったことへのご褒美だという事を覚えさせるようにしましょう。

・おやつ
一日に必要量の総合栄養食を食べている猫であれば、おやつとしての間食は特に必要ありません。しかし、猫にとって食べる事は楽しみの一つであり、飼い主にとっても愛猫とのコミュニケーションを深める手段として活用できます。
総合栄養食とは異なり、栄養成分値には偏りがありますので、与え過ぎないように注意が必要です。猫用として成分が調整されたものを選び、適量を与えるようにしましょう。


特定の栄養を補う

病気で食事が難しい時や、特定の栄養素を補給したい時、ドライフードが食べられないなど、一時的・補助的に活用します。栄養補完食には、健康維持を目的とするサプリメントも含まれます。ウェットタイプをはじめ、粒状のもの、液状のものや、オイルタイプ、パウダータイプなど、様々な形態で販売されています。
獣医師に相談の上、必要に応じて使い分けるようにしましょう。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.