キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

猫がキャットフードを食べない時には

猫がキャットフードを食べないというのは、いろいろな原因があります。
食べないだけでなく、元気もない場合や他の症状があれば、病気の可能性が高くなりますので、1日ご飯を食べないようであれば動物病院を受診しましょう。
元気はあるのに食べないということもあります。気まぐれで食べない、キャットフードに飽きた、においを感じない、加齢で食欲が落ちたなど、多くの原因があります。
気まぐれで食べないというのは、一つの要因として、いつでも食べられるから食べないということもあります。
1日に食べる量を置き餌として出しっぱなしにしておくと、気が向かなければ食べないということがあります。ドライフードでも時間がたてば風味も落ちてきますので、余計に興味を示さなくなります。食事に時間を決めて、トレイは20~30分したら下げるという習慣づけをすると、その時にしか食べられないと理解し、食べてくれるようになります。

猫は一種類のキャットフードでも毎日食べてくれるものですが、突然キャットフードに飽きて、食べてくれなくなることがあります。いきなり他のキャットフードに変えるのは、体調を損なう恐れもありますので、いつものキャットフードに嗜好性の高いドライフードやウェットフードをトッピングする方法が良いでしょう。目先が変わりますので、食べてくれる可能性が高い方法です。
においを感じない、あるいは、加齢で食欲が落ちたという場合も、この方法は役に立ちます。元気があっても、ちょっとした病気で嗅覚が落ちたり、高齢になると食欲の低下と同時に嗅覚も鈍くなりますので、嗜好性の高いキャットフードをトッピングすることで、食欲を高めることができます。とくに、高齢猫ではキャットフードを変えることは身体への負担になりますので、避けた方がいいでしょう。キャットフードをお湯でふやかしても嗜好性は高まります。
また、ドライフードでもウェットフードでも温めることで風味がたちますので、嗜好性は高くなります。電子レンジや湯煎、お湯を加えたり、いろいろ試してみるといいでしょう。
高齢になると、外見上問題がないように見えても、歯肉炎などの痛みから食べられないということもありますので、なぜ食べないのか注意してみてあげることも大切です。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.