キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

無添加キャットフードをたべてもらうためには

猫の飼い主なら誰でも、安全安心で栄養価のあるキャットフードを与えたいと考えています。そのうちの一つが、無添加のキャットフードです。
ですが、無添加のキャットフードを与えても猫は喜んで食べるとは限りません。高級キャットフードに切り替えても喜んで食べるとは限らないのと同じです。
ここでは、キャットフードを無添加のものに変えて食べてくれない場合、どうすべきかについて考えてみましょう。

添加物とは

通常売られているキャットフードには、肉や炭水化物を保存する為の酸化防止剤、猫の食欲をそそるための香料、また飼い主が見て美味しく見えるように着色料などが添加されています。
これら添加物は、人間の食品についても言えることで、食べ物でも飲み物でも、添加物は様々な種類が使われており、むしろ完全無添加の食品を探すほうが難しいぐらいです。日本では食品衛生法で添加物の種類や表示が認められていますが、これらは、ないにこしたことはありません。
猫にとっても同様で、猫が喜んで食べるための添加物はキャットフードメーカーの研究でもあるのですが、飼い主としては、添加物はないほうが安心できますね。
ただし、化学合成の酸化防止剤・着色料とは別に、栄養強化剤としてビタミンを加えていたり、天然由来の成分を使った酸化防止剤であれば特に問題はありません。


無添加キャットフードを食べない理由

しかし添加物がないと、まずは香りが乏しいです。人間用の100%ジュースも、成分をよく見ると、ほとんどの商品で香料が使われているのが実態です。さらには、鼻をつまんでオレンジジュースとアップルジュースを飲んでみると、区別をつけるのは難しいものです。それほどに香りとは、食欲をそそるための重要な要素なのです。
猫の嗅覚は人間の数万~数十万倍はあると言われていますから、香りが食欲に与える影響は、人間よりもはるかに高いと言えそうです。
無添加フードを食べない理由の第一は、ここにあります。慣れ親しんだキャットフードと比べて香りが乏しいために、食べ物と認識しにくいということです。


ちょっとした工夫をしてみよう

そこで、無添加フードを食べてもらうために、ちょっとした工夫をしてみることをお勧めします。
(1)おやつと組み合わせる
猫に大人気のおやつがありますが、それを無添加フードにトッピングしてみましょう。おやつの延長でよく食べることが考えられます。(ただしこれは、無添加フードに切り替えるという本来の意味とは若干変わってしまいますが)

(2)空腹にさせる
いささか乱暴ですが、食事の時間になっても与えず、1時間ほど遅れて与えるという方法です。「空腹は最高のソース」と言われるように、猫も人間も空腹になれば、何を食べても美味しいと感じますよね。

(3)またたびを使って引き寄せる
猫が体調不良で食欲がないとき、またたびを使って猫を活発にさせ、食べさせるという方法もあります。
ただしこれは一時的なものですし、付け焼き刃的手法ですから、何度も使えません。猫によってはまたたびの香りで興奮しすぎることもありますし、またたびアレルギーの猫もいます。


ゆっくり切り替えるのがベスト

無添加フードを食べてもらいたい飼い主と、慣れないキャットフードをあまり食べない猫。
飼い主の思いを上手に伝え、食べてもらうためには、徐々に与える量を増やしながら切り替えるのが最もいい方法でしょう。

そのためには、今までのキャットフードと無添加フードを混ぜ、徐々に無添加フードを増やしていくことです。トッピングするという方法もありますね。
また、多くの猫はカツオ節が好きですから、無添加フードを開封してカツオ節と一緒にビニール袋等で保存し、カツオ節の香りをつけるのも一つの方法です。こうすれば、香りがあまりない無添加フードにも香りをつけることができます。
ただしカツオ節自体の塩分は多いですから、与えないようにしましょう。また無添加フードは痛みやすいですから、開封後は速やかに与えることも言うまでもありません。
猫がよく食べ、よく遊び、よく寝ていれば、キャットフードの切り替えはさほど神経質になることはありません。ゆっくり切り替えていくという気持ちでいればいいのではないかと思います。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.