キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

1食分の最適な量について

猫にエサを与える際、どれくらいの量が適量なのかと疑問に思う飼い主さんもいるかと思います。
猫は基本的に、一度にたくさんは食べるということはせず何度も小分けにしてエネルギーをたくわえる習性がありますから、
一日の総摂取カロリーを2回分、3回分に分ける必要があります。
また年齢によっても食べる量は異なりますし、体調の問題でたくさん食べられない場合もありますので、
飼っているネコちゃんの状態を把握して、適量を与えるようにしましょう。

まず、成長期である子猫(大体生後7ヶ月くらいまでが子猫の時期)については、
出来るだけ多くの栄養が身体づくりに必要となります。
体重に200カロリーを掛け合わせたぶんが、一日の必要量となります。
しかし発育期にあたる子猫のほとんどは必要量を超えてもなおエサを欲しがるものです。
十分な発育にはエネルギーが必要ですから、欲しいだけ与えてもまず問題はありません。

生後1年が経過した猫のエサの量は、体重に80カロリーを掛け合わせたものを基準にします。
5キロのネコちゃんなら400カロリーを一日の目安として、
それを成猫の食事回数の基準である2回に分けて与えるようにします。
つまり1回の食事が200カロリーを超えてしまうとカロリーオーバーとなり、太りやすくなるというわけです。

しかし、室内飼いの猫は基本的に運動不足な環境にあります。
関節炎を患っていてうまく歩けない、高いところにジャンプできない猫は特に代謝が落ちているので、
80カロリーでは肥満になりやすいかもしれません。
最近ちょっと太ってきたかも、と思う場合は70カロリーに減らして計算すると良いでしょう。
体重が5キロの猫なら350カロリーが一日の総量になります。

キャットフードはドライタイプでもウェットタイプでも必ずカロリーがパッケージの外側に表示されています。
なので、飼い主さんはそれらの表示を参考にしながらネコちゃんの体重や体調にあわせて適宜量を調節してあげると良いでしょう。


↑こちらには危険なキャットフードを選ばないために購入の際気をつけることが詳しくかかれています。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.