キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

子猫用と成猫用の違いとは

子猫用キャットフードは、生後4ヶ月から1歳になる頃の子猫のみに与えるキャットフードです。
成猫まで急速に成長する子猫の身体をサポートするため、
豊富な栄養素と高カロリー、密度の高い必須アミノ酸が計算されて含まれているのが特徴になっています。
子猫が成長する過程をしっかり支えるため、大人用のキャットフードとは配合されている成分の量が違い、
極めて高い濃度のエネルギー源を十分に含んでいます。
また、猫が「もっと食べたい!」と思うように美味しく仕上げられているので、味にもこだわって作られています。

たまに、子猫に大人用のエサを食べさせても大丈夫かという疑問がみられますが、
厳密にいえば絶対に与えてはいけないというわけではありません。

ただし、成猫用のキャットフードは子猫用に比べて味が大人向けになっていたり、成長に必要な成分が薄い問題もあり、
さらにはキャットフードの粒そのものが子猫の口には少し大きすぎるので食べにくかったりもします。
特にシニアフードはたんぱく質やカロリーが抑えてあり、子猫の発育に適さない部分もあります。

子猫は体重が安定するまでは免疫力や体力などあらゆるものが大人より劣っています。
そのため、病気にかかりやすい身体になるかどうかは子猫時代の食事で決まってしまいます。
適当なキャットフードを与えていると、それだけ未熟な発達になってしまう可能性もあります。

成猫用のエサに比べて、子猫用のエサは少々高額です。
しかしそれをもったいないと言っていると、その後の発育に問題が生じ結果的に高くつくことにもなりかねません。
愛猫は子猫時代から愛情を持って、正しい食生活を送らせてあげることが大切です。
成猫用のエサをあげたからといってすぐに病気にかかるわけではありませんし、それなりに大きく育つことは育ちます。
しかし一度ペットとして家に迎えたからには、1歳までの短い期間は子猫用のキャットフードで育ててあげることがベストといえます。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.