キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

ウェットタイプのキャットフード

ウェットタイプのキャットフードは「猫缶」などと呼ばれる缶詰タイプと、
小さな袋に入ったパウチタイプの二種類があります。
グルメな猫が特に好むタイプで、肉や魚をペーストにしたものが入っています。

ウェットタイプのキャットフードのメリットは、高タンパクで高脂肪に作られているので、
ドライフードよりも少量の摂取で満足できるという点です。
固さもないので、高齢のネコちゃんや歯が弱いネコちゃんにもおすすめ。子猫でも簡単に食べきることができます。
また、缶詰やパウチはドライフードに比べてしっかり密閉されているため、
開封前の状態も良好。新鮮さが保たれているのでネコちゃんにも安心です

反対に、ウェットタイプのデメリットは水分が多いため腐敗が進みやすいという点です。
夏場はカビるのも早く、少しでも酸化しているとネコちゃんはにおいで状態を察知して食べなくなってしまいます。
そのため、日に何度も捨てて与えなければならないのが飼い主にとっては辛いところです。
ドライフードと違い柔らかさがあるので、ウェットタイプばかり与えていると、
猫本来の噛む力やアゴの力が段々弱くなり、歯の健康を損ねていくおそれがあります。
また、猫はグルメな動物なので、ウェットタイプを「美味しい」と感じたらドライフードを受け付けなくなるという側面もあります。

ただし、ウェットタイプのキャットフードはしっかりと水分を含んでおり栄養価も高いため、
冬場などの時期は猫にとって最高の栄養源となります。
冬場は寒さに備えるため、どんな猫でも脂肪をつけなければと本能的にカロリーを摂るようになりますが、
ドライフードは量のわりにカロリーが十分ではありません。
その点ウェットフードは脂肪分、栄養素ともに確実に摂取できるので、猫にとっては都合が良いのです。
飼い主にとっては割高で家計的にも苦しくなると思いますが、
まったくウェットフードを与えないのも猫にとってはストレスになりますから、バランスをみて与えるようにしたいものです。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

and more...

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.