キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

キャットフードのおかげで長生き

我が家ではネコを3匹飼っています。
そのうちの2匹は16年前にまだ独身だった時に今の夫と山中を自動車でドライブをしていた時に道路脇から顔を出してきたので、どうしてもその場に置いておけなくて連れ帰ったネコです。

それから結婚をして引っ越しもしましたがこれまでずっと一緒に暮らしています。
今では中学生の息子がいますが息子よりも年上のネコちゃんたちです。
もうかなりの高齢なので以前のようにやんちゃすることはなく、1日中ベッドの上やソファの上で丸くなっていますがベッドやソファの上に跳び乗ることもできており2匹ともまだ元気に過ごしています。

もう1匹は3年前に夫が動物管理センターから連れて帰ってきました。
動物保護ボランティアのウェブサイトを閲覧していてそのサイトで紹介されていたネコが気になったので動物管理センターに見に行ったところ、生まれて3か月くらいの子ネコでしたがすぐになついてきて夫の足を伝って肩まで登ってきたと言うことで夫が運命を感じて動物管理センターから引き取りました。
このネコが我が家に来た時には先住の猫2匹はすでに10歳を越えて高齢となっていたため、いまだに仲良くはなっていませんが大きなケンカをすることもなく3匹が1つの屋根の下で暮らすことができています。

3匹のネコの食事は基本的にはドライタイプのキャットフードを与えています。
年齢差が大きいので1歳未満用や高齢用のドライフードや半生フードを与えたこともありましたが、我が家は夫婦共働きで日中は自宅にいないことが多く、ネコの年齢によって餌を分け与えることが難しいので今は同じドライフードを食べさせています。

ドライフード以外には月に数回、缶詰やレトルトパックの半生タイプのキャットフードを与えています。
やはりドライフードに比べると半生タイプのフードの方がおいしいみたいで、缶詰を叩いてカンカンと音を出したり、プルタブを立てる音を聞くだけで3匹のネコがすぐに集まってきます。

食事はこの2種類しか与えないようにしています。
私たち人間が食べている食事は一切与えていません。
またネコの方も私たちが食事をしていてもそれを欲しがることはありません。
私が思うには人間の食事をこれまで全く与えてこなかったことが2匹のネコが長生きできている秘訣だと思っています。
3匹のネコは全てメスで3匹とも小さい時に避妊手術を行っています。

時々、家人の目を盗んで網戸をこじ開けたり、玄関の引き戸が少し開いていた隙に家の中から脱走することもありますが、基本的には室内飼いをしています。
そのためよそのネコとの接触は少なく、ケンカや交尾をすることはありませんのでそれも長生きできている要因だと思っていますがそれ以上に長生きの理由としては食事の影響が大きいと考えています。

基本的には普段はドライフードしか与えていませんので年齢を重ねて16歳になった今でも虫歯にはなっておらず、歯は丈夫そうです。
また、高価ではありませんが同じ銘柄の国産のメジャーなキャットフードを与え続けていて、これもネコに食事の好き嫌いをさせずに良かったと思っています。
高齢のネコたちもまだ元気でいますがこれからは日に日に身体が弱ってくることが考えられますので少しでも長生きができるように食事に気を使い、愛情をたっぷりと注いでかわいがっていこうと思っています。



↑こちらには愛猫のしつけ方が載っていますので参考にしてみてください。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

and more...

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.