キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

ウェットキャットフードのメリット・デメリット

ウェットフードは素材そのものが活きるように作られており、猫本来の嗜好に合ったキャットフードです。メリット・デメリットを理解したうえで、猫の状態や好みに合わせて普段の食事に取り入れてみてください。

<メリット>
1.水分を摂りやすい
猫は、元々水分を積極的に摂る動物ではないため、どうしても泌尿器系の病気にかかりやすい動物です。ウェットフードは、水分含有量が75%以上ですので、食事と共に自動的に水分を補えること最大のメリットです。夏場の暑さや病気で脱水症状が出ている時などにも、栄養と同時に水分補給ができるのでとても便利です。
ただし、食べすぎるとお腹を壊す可能性もあるので適正量を与えるようにしましょう。


2.嗜好性が高く、味のバリエーションが豊富
猫は匂いで食べ物かどうかを判断する生き物です。
食欲を増進させる強い匂いと、素材そのものの食感が残っているため、猫が好んで食べてくれます。
また、味の種類も豊富なため、愛猫の好みに合ったものを選ぶことができます。


3.高タンパク高脂質
肉や魚が主原料となるため、動物性のタンパク質と脂肪が豊富に含まれています。猫にとって必須脂肪酸は「リノール酸」と「アラキドン酸」ですが、アラキドン酸は動物性脂肪にしか含まれていない栄養素で、猫は体内でアラキドン酸を合成することが出来ません。食事で効果的に補ってあげましょう。
商品によって異なりますが、炭水化物の割合が少ないため低カロリーですので、肥満予防にも役立ちます。

4.柔らかく食べやすい
水分の多いウェットフードは、唾液の量も少なくてすむためとても食べやすいキャットフードです。ドライフードのように噛み砕く必要がないので、消化能力が未発達で顎の力も弱い子猫や、噛む力や代謝の落ちたシニア猫、病中病後で食欲のない猫に適しています。
元から柔らかくしてあるため、消化されやすく内臓への負担も少なくてすみます。


<デメリット>
1.価格が高い
主原料である肉や魚をたっぷり使用しているため、価格が高いです。食事は毎日のことですので、経済的負担が大きいのはデメリットでしょう。しかし、コストを抑えようと、粗悪な原材料を使用した安いウェットフードを購入し与え続けると、猫の病気を引き起こす原因にもなり得るので注意が必要です。
総合栄養食のドライフードと併用するなど、お互いのデメリットを補い合い上手に取り入れてみましょう。


2.歯周病のリスクが高まる
柔らかいウェットフードは、歯の表面や根元に歯垢が溜まりやすく、そのままにしておくと歯石となって歯周病の原因になります。匂いの強いキャットフードですので、歯垢が原因で口臭も強くなってしまいます。
歯周病が進行すると、食事のたびに痛みが出て、食べる事が困難になります。
食事のあとは歯磨きをするように習慣づけ、歯周病予防をしましょう。


3.栄養のバランスに注意が必要
ウェットフードにも「総合栄養食」がありますが、おかずやおやつのように副食として与える「一般食」も存在します。一般食の場合、栄養に偏りがあるため、それだけを食べていても猫に充分な栄養を摂ることはできません。
体調を崩した時の一時的な食事や、ドライフードと混ぜるくらいにとどめ、毎日の食事には「総合栄養食」を選ぶようにしましょう。


4.開封後の保存が効かない
開封前のウェットフードは、長いもので3年ほどの長期保存が可能ですが、開封後の品質保持期間は極めて短いので、食べ残しをそのままにしておくのは腐敗の原因になります。必ず食べ残したものは破棄し、使用した食器も綺麗に水洗いしておきましょう。傷んだキャットフードを食べた事によって体調を崩し、病気を引き起こすことがあります。

愛猫に留守番をさせる時間が長い方は、目の行き届く時間帯だけ利用するなど、長時間置きっぱなしにしないよう注意してください。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.