キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

ウェットキャットフードの特徴


 ウェットキャットフードとは、その名の通り水分を多く含んだキャットフードで、缶詰やレトルトパウチ、アルミトレーなどの商品として店頭に並んでいます。

ウェットフードには「総合栄養食」と「一般食」「副食」がありそれぞれ栄養成分値が異なります。総合栄養食とは猫に必要な栄養素がバランスよく含まれた、主食として利用できるものです。一方、一般食、副食は、水分補給などを目的にして、おやつやドライフードのトッピングとして利用するのが良いでしょう。

ウェットキャットフードには、どのような特徴があるのか見ていきたいと思います。

1.水分含有量が多く低カロリー
一番の特徴は、水分含有量が多い点です。
ドライフードの10%以下に対して、75%以上の水分を含んだものがウェットフードです。 猫が生きていく上で水はとても重要ですが、元々あまり水分を摂らない猫にとって、1日の必要摂取量を「飲み水」だけで補うのは非常に難しいのです。

ウェットフードには多くの水分が含まれており、食事をするだけで栄養素と共に水分が補えるので、自然なかたちで水分を摂取することができます。
水分が多く炭水化物が少ないウェットフードは、低カロリーなのも特徴です。愛猫の体調や状態に合わせて上手に取り入れてみてください。


2.嗜好性が高く種類が豊富
肉や魚の身がそのまま使われているものや、ペースト状に練られたもの、スープ状になっているものなど、多くの種類があります。缶詰、レトルトパウチ、アルミトレーなど商品形態もたくさんの種類があり、必要に応じて選ぶことができます。

ドライフードに比べて素材の食感を生かして作られており、高タンパク、高脂質で低炭水化物という猫の食性にとても近いキャットフードなのです。食性に合った自然に近い食感で、食べごたえや満足感もあります
嗜好性も高いため、猫の嗅覚を刺激して食いつきが良い点も大きな特徴です。食欲のない猫や病気であまり食べたがらない時の栄養補給にも有効です。


3.柔らかく消化が良い
水分を多く含んだウェットフードは、食感が柔らかく消化吸収が良いです。
特に、歯の弱い老猫や、離乳期の仔猫には最適です。
また、病気で食欲が落ちている時などにも、内臓への負担を軽減してくれます。
実際に、ウェットフードとドライフードをふやかして同じくらいの食感にしたものを与えたところ、ウェットフードの方が水分をより多く吸収していたというデータがあります。
ただし、キャットフードが柔らかいために歯の表面にキャットフードが付着しやすく、歯垢や口臭の原因になりやすいので注意が必要です。


4.保存性
保存性に優れており、開封前のものですと、長いもので3年保管ができます。そのため、災害時などに備えて準備しておくこともできます。
ただし、一度開封したものは保存が効きません。ウェットフードは水分が多い生ものですので、傷むのも早いです。一食分取り分けた後、残りは密封容器に入れて冷蔵庫で保管してください。開封後の賞味期限は1日程度です。その日のうちに使い切るようにしましょう。
食べ残してしまったウェットフードは酸化が始まっており、それを食べた猫が体調を崩す原因にもなります。勿体ないですが破棄するようにし、その都度新鮮なキャットフードを出してあげるようにしましょう。


5.価格が高い
素材を生かして作られているウェットフードは、どうしてもドライフードに比べて価格が高くなります。一食分ずつ包装されているものもありとても便利な商品ですが、毎日与えるものと考えると、経済的ではありません。
コストパフォーマンスに優れているドライフードと併用するなど、ライフスタイルに合わせて上手に取り入れてみてください。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.