キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

キャットフードの種類と回数

ここ数年猫にハマっている。
もちろん飼っているのですが可愛くて仕方がない。
スコティッシュですがなにしろ癒されます。

他の愛猫家たちと同じく世界一可愛いのはうちの子(猫)と思っていますが、それに欠かせないのが美味しくて健康にも良いキャットフードです。
子猫の頃は柔らかくて高級な缶詰タイプのものを与え、今ではドライタイプのキャットフードになったもののたまには缶詰のものを「ご褒美」として与えている。
どちらも食べてくれるようになったものの以前は好き嫌いがあるらしく、魚系のものはあまり好みではなさそう。

お肉系のものが好みのようで一気に食べ尽くしてしまいます。
人間ならば毎日同じおかずでは飽きてしまうので猫も同じと思い違うタイプのものやメーカーを変えて見たりと猫の気持ちになったつもりでいたものの結局は毎日でも同じ大好きなタイプのものがいいみたいです。

本来ならば私自身が食べてみて満足のいったキャットフードを与えたいのですがなかなかそれもできずテレビコマーシャルや雑誌などでの受け売りで購入しています。
お陰様で大きな病気をするわけでもなく、美しい毛並みを保ってくれています。

たまには吐いたりすることもありますが雑誌などによれば仕方ないということなので安心。
でもたまに下痢になってしまう時もあって、そんな時は「変なものを食べちゃったのかな」とか「お腹を冷やしたのかな」と私にとっては一大事。
キャットフードを変えようとも思い数回他のものにしたこともありましたがやはり「お好き」ではないようで元のものに戻しています。

人間とは違い唯一の生命線であるキャットフードにはいつも感謝しています。
ところで日頃から疑問に思っていることがあるんです。
猫にとっての魅力的なキャットフードって誰がどのように開発、研究しているのかって。

猫と直接お話しでもできる人がいるのなら別ですが、猫の気持ちになって開発していらっしゃるんですからね。
数匹、数十匹の猫を対象に「モニター調査」をしているのでしょうが、よくもまああれだけ高級感のあるキャットフードを考えつくものだと感心します。
聞くところによれば昔は犬も猫も同じようなものを食べさせていたのだとか。

ご飯に味噌汁をぶっかけたり、焼き魚をそのまま与えていたりとか。
確かに現在みたいにあらゆる種類の外来種のものや高貴な猫はほとんどいなかったからでしょうが。
それにしてもあの種類の豊富さたるものは数えられないくらい発売していますよね。
値段もピンからキリまであって、一体猫にとって一番いいのは何なのかといつも悩まされます。

動物病院の先生の意見としても別れてしまっていてある先生はA商品が猫にとってはいいと話し、ある先生はA商品は良くないと話したりします。
これはそこの動物病院への提供の違いと理解できるのですが私達一般の愛猫家にとってはそのような「政治的」なことで踊りたくはないのです。
猫が喜ぶ、本当に健康面でも安心ができて、できれば購入しやすい価格設定のものが好ましく思います。

「猫のエサ」と言ってしまえば身も蓋もないのですが私を癒してくれるこのうえない存在の子(猫)ですからわかりやすい説明のあるものや、与えることさえも楽しくなるようなものを是非とも発売してほしいものです。

愛猫に間違えてドッグフードを与えてしまうとどうなるのかがhttp://xn--qckubrc3d4m.biz/cateat.htmlにかかれています。
特別猫に害がある成分は入っていないようですが、やはり猫にはキャットフードが良いそうです。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.