キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

様々なキャットフードの中から

たくさんのキャットフードの中からどういったキャットフードを選べばいいのかわからないと考えている人も多いかもしれませんが、今まで猫を飼っていた経験から、ポイントとしてはそのペットの好みを考えてキャットフードを選んであげる事が大切です。

その猫の好みを調べるためには、まずはどのキャットフードを良く食べているのかを見て調べてみる事が大切です。
乾燥した固形のフードはドライフードと呼ばれていて、小麦粉を主体にした原料によって作られているペットの主食です。
どんな猫も食べ易いように考えられて作られている製品が多いのですが、メーカーや製品の種類によって味付けが違ったものが販売されています。

マグロの味をベースにしたものや、またはチキンをベースにしたもの、そして野菜をベースにしているものなどがありますが、その猫によって好みが違っています。
猫の数だけ猫の好みや食事量が違うため、まずは人間の好みで食事を選んで与えてみましょう。

人間の好みで選ぶにしても、子猫に対して大人用の食事を与えたり、または大人の猫に対して老猫用の餌を与えたりというのはよくありません。
というのも、大人の猫には大人の猫の食事バランスを考えたキャットフードが販売されているため、子猫に対してはカロリーオーバーになってしまったり、またはドライフードの固形の粒が大きすぎて食べられなかったりする事も考えられます。

大人の猫に対して老猫用の餌を与える時には味付けが薄すぎたり、そして老猫用のドライフードは消化吸収が良いように作られているため、すぐにお腹がすいてしまい、大人の猫にとっては物足りない食事となってしまいます。
老猫用の食事は大人の猫に対して物足りなくなってしまうという事については、例えば人間にしてみれば、毎日のご飯の代わりに長い時間良く煮たうどんばかりを主食として食べているようなものになります。

これでは栄養素も不足してしまう他、食事が物足りないものになってしまう事から、食事にストレスを感じてしまう事になってしまいます。
消化は良過ぎても悪く、そして消化吸収が悪すぎると病気になってしまうため、注意が必要になります。

消化吸収はその猫の運動量や年齢や性別等によって大きく変わってくるため、その猫に合わせた食事を作る事が大切です。
その猫に合わせたドライフードを考える事ができたら、そのドライフードを主食として与える事が大切ですが、しかし毎日続けてその食事ばかりではペットも飽きて退屈になってしまう事もあるため、時折少し違った味付けのものを食べさせてあげるとペットとしても喜びます。

例えば、ドライフードの中ににぼしを細かく砕いて与えるとか、ドライフードにミルクを加えて与えるといった方法です。
このようにして少し工夫をしながら与える事で毎日のペットの食事をより楽しいものにする事ができます。

また、上記のように工夫をしてドライフードに何かを加えて与えるという方法は、ペットが病気になった時にも有効に活用する事ができる方法のひとつです。
ミルクをドライフードに与える方法は、ペットが風邪を引いて食欲がない時にも活用する事ができます。
夏などは落ちている腐敗物を舐めたりして、そこから病気にかかってしまう事もあります。

異常があった時には動物病院へ相談するのが大切です。
屋外にあるものを舐めたり、食べているところを見かけたときには十分注意をしましょう。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.