キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

キャットフードの成分表をチェック

ペットブーム時代に突入しています。
猫と暮らす方達は非常に多いと感じています。
我が家にも6匹の猫がいます。
猫と共に暮らす歴史は長いです。
食事面では色々なキャットフードを購入しています。
メーカーによっては食べたり食べなかったり、お気に入りのフードも存在します。
一番気になる事としてはパーケッジ裏側に記載されている成分表です。
ドライフードの場合、かなり細かく記載されていると思います。
色々な種類の物が入っています。

味付けも鰹味やマグロ風味、チキンやビーフ味、様々ですが、基本的に着色料の入っていない、無着色のドライフードを探す事が非常に多いです。
何故なら下痢や嘔吐の原因として考えられるからです。
色合いが濃いフードに関しては選ばない事に決めています。
ドライフードは賞味期限も以外に長いと感じています。
気温や湿度の関係で、開封してから、なるべく速く食べさせるように試みています。
フードを入れる容器等があると非常に良いと考えています。

フードの中にはプレミアムフード等も存在し、療養食と呼ばれる製品も存在しています。
色々な猫達の疾患に配慮されているキャットフードです。
季節の変わり目等は、特にフードの管理をこまめにする事を、お勧めしたいと考えています。
健康で良い体質を維持する為に、成分表を理解する事が、非常に大切な事だと考えられます。
内容をきちんと把握する事で、猫達は何時迄も健康に暮らす事が出来ると考えているからです。
我が家の猫達の話を少し書きたいと思います。

性格も個性も全く異なる面白い猫達と暮らしています。
キャットフードは1日3回に分けて食べさせています。
2回と言う方が多いのですが、量を少なめに3回に分けます。
回数が多い方が胃に負担が少なく、消化も良いと考えています。

以前は2回でしたが3回に変更しています。
好きな味は魚系です。
ドライフードとウェットフードを食べています。
同じキャットフードを食べさせていると飽きてしまう傾向があるので、自分なりに工夫する事が多いです。
例えば、鰹節を混ぜる、玄米を混ぜる、時々、魚を購入して自分で煮込んだりします。

手間がかかるので、市販のキャットフードをメインで使っていますが、手作りご飯を気に入ってくれている様子です。
ドライフードとウェットフードのバランスはドライフードを多めに、ウェットフードは少量にしています。
以前、何回か下痢や嘔吐がありました。
原因を色々考えましたが、ドライフードとウェットフードを比べた場合、成分表にきちんと表示されている項目が多い製品は、ドライフードでした。
手間もかからず簡単に器に入れる事が出来るので、良い成分のキャットフードの場合、助かっています。
猫達は飼い主が与えたフードを食べます。

飼い主は大変ですが、色々なフードに関して何時も勉強する必要があると、日頃から感じています。
健康で病気が無く、長生きをしてくれる事がテーマだと考えています。
一番大切な事は大きな愛情と全てにおいてバランスが良い事だと考えています。

キャットフードを選ぶ場合、必ずパッケージの裏側に記載されている、成分表を良く読んで、理解して頂きたいと考えています。
色々なフードが販売されています。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.