swswswswswswsw キャットフード選びの重要性

キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

キャットフード選びの重要性

猫は2匹に1匹が泌尿器系の病気になるという結果がペットフード会社の調査で分かっています。
膀胱炎や結石といった泌尿器系の病気は動物病院で治療し、完治することができます。
しかし慢性腎不全の場合は完治することができない病気のため、キャットフードが療養食に変更になります。
現在ではペットフード会社や医薬品会社から療養食用のキャットフードが販売されています。
動物病院では慢性腎不全と診断された時に療養食のフードを紹介してもらえます。

療養食のフードは慢性腎不全の治療に適したものになっています。
リンやカリウムといった成分が制限されたフードになっています。
その一方で猫にとって必要な栄養素はきちんと配合されたものになっています。
ただし現在ではまだ慢性腎不全用のキャットフードの種類は少ないです。

猫の年齢に応じたものや猫の好みのタイプといった一般的に販売されているような細かく猫のために配慮されたフードは販売されていないのが実情です。
そのため初めて療養食用のフードを与えた場合、猫が食べないこともあります。
その時は、以前から与えていたフードに少しずつ混ぜながら食べさせることになります。

そして猫が慢性腎不全になった時に飼い主が配慮しなければならないことは、猫の健康状態に気を配ることになります。
猫が健康な場合、キャットフードも猫の年齢に応じて必要な栄養が配合されたものに変更することができます。
しかし慢性腎不全になった猫の場合は、そのようなことができません。

特に若い年齢で慢性腎不全になった時には、猫の関節に気を配る必要があります。
それは猫が高齢になった時にあらわれることになるからです。
猫が若い年齢から慢性腎不全用の療養食を始めると、高齢になった時に足腰が弱くなる可能性が高くなります。
慢性腎不全はリンやカリウムの成分を少なく配合されたフードになります。

しかし骨の形成にはリンが必要になります。
リンは乳製品に多く含まれている成分になり、骨の形成には欠かせません。
高齢猫にとって足腰が弱くなると、便秘症や排せつがうまくできなくなることがあります。
そのため定期的に動物病院へ通院して足腰の状態をしっかりと診てもらう必要があります。

現在では動物の医療技術もかなり発展して、人間とほぼ同じような治療をすることができます。
その結果、動物も長生きします。
猫が慢性腎不全になっても医薬品や動物病院の治療方法によっては、かなり長生きすることができます。
飼育していた猫は8歳で慢性腎不全になりましたが15歳まで生きることができました。
14歳半ぐらいまでは、しっかりとフードも食べて、ほぼ安定した状態で過ごすことができました。

これも動物病院の医療技術や医薬品の開発の発展に寄与することだと思っています。
ただし今思えは、子猫の時からキャットフードには最善の配慮をすべきだと思っています。
年齢に合わせた栄養素を配合されたフードはもちろんですが、欲しがるからといってむやみにフード以外の人間の食べ物を与えないことが大切になります。
またキャットフード選びは、しっかりと表記された内容を飼い主が把握することが必要になります。
特に添加物には気を配る必要があります。

そして猫の泌尿器系の病気を避けるには、しっかりと猫に水を飲ませることが必要になります。
こうすることで猫が健康で長生きできることになり、飼い主と一緒に楽しく過ごすことができます。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

and more...

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.