キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

子猫に与えても大丈夫?

おうちで猫を飼い始めたとき、子猫にキャットフードを与えても大丈夫か、
またはいつから与えれば良いかという問題がでてきますが、
基本的にはミルクを卒業したらキャットフードを食べはじめるようになります。
飼い主さんが心配しなくても、猫は早い段階で自分で自然にキャットフードを口にするようになります。
ミルクを与え続けておいて、4ヶ月から半年を過ぎる頃にキャットフードも一緒に与えてみると、
いつの間にか食べるようになっています。

しかし、子猫には成猫とちがってたくさんの栄養が必要です。
身体を健康に維持するよりも子猫はまず身体そのものを大きくしなければなりません。
そのため、キャットフードは子猫用のものを与えるようにした方が良いでしょう。

キャットフードを食べるようになったからといっていきなり成猫用を与えるのではなく、
1歳を迎えるまでは「子猫用」と書かれたキャットフードを与えるようにします。
国産品ならメディファスやロイヤルカナンキトンなどがおすすめかと思いますが、
有名なモンプチやアイムスからも子猫用のキャットフードが出ていますので、
味の好みなどもみながら与えていくと良いと思います。

免疫力が低く身体も小さな子猫から健康で丈夫な大人の猫になるためには、毎日しっかりと栄養を摂ることが重要です。
それでも、あまり獣医師のアドバイスを参考にしすぎて
「猫にとって美味しくない」キャットフードだけを与え続けるのは好ましくありません。

子猫用のフードを購入するにこしたことはありませんが、
「国産品は粗悪」などの文言につられてしまうと、ネコちゃん自身が食べられるものが限られてきてしまい、
結果として食事が楽しくなくなっていきます。
やはり猫も動物ですから、美味しく食べてしっかり消化し、確実に排泄することで健康な生活を送ることができるのです。
そのため、あまり慎重になりすぎず、あくまで年齢や体調に合ったフードを選ぶようにしたいものです。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.