キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

マグネシウムを多く含む物に注意!

尿結石や腎臓病など、猫に多いとされている疾患はマグネシウムが体内で過剰になってしまった結果引き起こされる病気です。
猫は毒素を解毒する作用が弱い動物であるため、過剰なマグネシウムは腎臓だけでなく肝臓にも良くないのだそうです。
なので、キャットフードを与える際は出来るだけ病気の原因となるマグネシウムの含有量が少ないフードを選んであげましょう。
よく動物病院やペットショップでみかける「サイエンスダイエット」シリーズは、
ダイエット用だけでなくマグネシウムの量にも配慮されているので、腎臓や肝臓が弱い、
もしくは何らかの疾患を患っているネコちゃんにおすすめです。

そもそも猫は水分をたくさん摂取しない傾向にある動物です。
そのため他の動物に比べて泌尿疾患にかかりやすく、
普段からマグネシウムを減らす以外に水分をコントロールすることも重要になってきます。
マグネシウム自体は微量であれば骨や歯の形成、神経伝達物質の生成、
代謝の促進を補助してくれるなど、健康をサポートする大切なミネラルとして作用します。
あまりにも摂らなさすぎるというのも問題で、他の疾患や体調不良につながるなどの危険もあります。

療養食以外のフードでもミネラルに関して過剰な配合をしているフードはまず存在しないので、
基本的にはどのフードであっても問題はないのですが、それでも病気になるときはなってしまいます。
なので、泌尿疾患を予防する対策としてはマグネシウムを過剰摂取させない、
日頃から代謝を促進するビタミンを欠かさないようにする、水分をちゃんと与えるようにして、
便通や尿の回数を一定的に保つなどの健康管理を行ってあげると良いと思います。

現在市販されているキャットフードには「低マグネシウム」や「FLUTD(猫下部尿路疾患)対応」と表示されているものも販売されていますから、そうしたフードを選んで普段から病気をしっかり予防させてあげるようにしたいものです。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.