キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

ネコちゃんをダイエットさせたい

肥満気味、もしくは既に太っていると医師から指摘されているネコちゃんをダイエットさせるには、
まずは普段の食生活から改善を試みてみましょう。

まずは動物病院でも販売されているダイエット食品を使用するのが一番早くて確実な方法です。
肥満猫用に開発されたダイエットキャットフードは、
脂肪分を少なくしており塩分も一般的なフードに比べてずっと低く抑えられています。
そのため、猫にとっては物足りなく味気ない食事になることは間違いありません。
場合によっては口をつけない可能性もありますが、ここで飼い主が怒って「ダイエットフードしか与えてあげない」という態度に出るのは禁物です。

ダイエット用キャットフードを食べてもらうためには、ふつうのキャットフードを少量混ぜ込んだり、
猫用のふりかけ(トッピング)をかけるなどして工夫すると良いでしょう。
味気ないダイエットフードも、少しの工夫でとても食べやすいものになります。
人間もお粥にふりかけやトッピングを乗せると美味しいと感じるように、
猫も嗜好性を高めてあげることでダイエットフードに抵抗がなくなるのだそうです。

また、市販のキャットフードとダイエットフードを交互に与えるという方法もあります。
これによって一日の摂取カロリーが抑えられ、食べ過ぎなくて済むので自然にダイエットができるようになりますし、
猫も考えて食べてくれるようになります。

ところで、キャットフードにはドライタイプとウェットタイプ、
そのほかスープタイプやゼリー状のフードなどいろいろな食感、味が揃っています。
なかでももっともカロリーが高いのはウェットタイプで、
中身が素材のペーストになっているのでつい高カロリーを摂取しすぎてしまう欠点があると言われています。
少しでもネコちゃんのカロリーコントロールをしてあげたいと思ったら、
ウェットフード中心の生活からドライフードに切り替えたり、
1日の食事量を減らすなどして、食生活そのものを見直してみるのも一つの方法といえます。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

and more...

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.