キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

キャットフードと人間用の食事はどちらがいいか

猫を飼っている家が一度は悩む問題、それは「キャットフード」と「ねこまんま」のどちらを与えたら良いのかというものです。
ねこまんまというのはみそ汁にご飯をかけてにぼしを乗せたような簡素な食事ですが、
昔の日本では飼い猫にも人間と同じ食事を与えるのが普通だったため、
今もその名残で人間のものを食べさせても良いかも、と考えがちになります。

猫は肉も魚も好きですから、人間用の食事を与えても一見問題ないように思えます。
しかし、基本的に人間の食事は猫にとって塩分や油分の過剰な食品です。
私たち人間は体力保持と健康のために一日1000を超えるカロリーを必要としますが、
猫が人間と同じようなものを食べるとすぐにカロリーオーバーとなってしまい肥満の元になります。

キャットフードは猫にとって必要な栄養分がバランス良く含まれています。
10歳以上用のキャットフードなどには、
関節や歯を丈夫にし免疫力を上げるためコンドロイチンやビタミン、
カルシウムなどが猫にとって必要な分だけ配合されています。

なので、猫にとってはキャットフードのほうが人間用の食事よりもさらに長生き出来るように作られているのです。

また、猫に食べさせてはいけないものとして醤油や塩などの強い塩分は吐き気、消化不良の元になり危険です。
またデザートなどの甘いものは、猫の心臓に負担をかけるため食べさせてはいけません。
猫の「甘味」は人間と同じではなく、私たちが甘いと認識しているものを猫も同じように甘く感じるわけではないそうです。
仲間だから、家族だからといって同じデザートを与えることは好ましくありません。

人と同じものを食べさせる時によくあるケースとして、ネギ類を誤って与えてしまうことがあります。
みそ汁などはその典型です。猫はネギを食べると、溶血性の貧血を起こし嘔吐や下痢、血尿を出すようになります。
猫の健康を飼い主自ら損ねることのないよう、確実にキャットフードを与えてあげるようにしましょう。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

and more...

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.