キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

15歳以上用キャットフードについて

15歳以上用キャットフードの特徴は、歯が弱く噛み砕く力が弱いネコちゃんにとっても食べやすいゼリー、ムースタイプのものが多いです。
総合栄養食と表示されているものはたんぱく質や脂肪、水分など栄養素がしっかり配合されており、
その他ビタミンやグルコサミンなど身体の組織を維持するのに必要な成分も配合されています。

15歳というと、人間では75歳以上に相当します。
ネコちゃんのなかには病気になったり、食が細くなるような子もいますから、
出来るだけ美味しく食べて長生きできるようにと、キャットフードにはいろいろな配慮がなされているのです。

人間も70代を過ぎると段々抵抗力や体力が落ちてきますから、
病気に気を付けるとともに身体づくりもしなければなりませんよね。
それと同じで、ネコちゃんも腸内環境や関節を大切にしていく必要があるのです。

15歳以上キャットフードを選ぶ基準としては、

・総合栄養食であるか
・グルコサミンなど関節、骨を守る成分が含まれているか
・腸や腎臓など、関節部分以外の健康維持に配慮されているか
・美味しいか

などが挙げられます。まず、栄養のバランスがとれているかについては言うまでもなく必須のポイントですし、
関節に配慮されているかも確認しておく必要があります。
同じく、腎臓や腸など老齢の猫が疾患にかかりやすい部位に対しても配慮されているか確認しておきましょう。
美味しいかどうかについては、それぞれのネコちゃんの好みがありますから、食べてもらって様子を見るしかありません。
魚が好きな子もいれば、肉が好きな子もいます。

また、色々な味が楽しめるタイプが好きな子もいます。
これはネコの性格や好き嫌いの問題もありますから、いろいろ買って試して、
最適なキャットフードを探すと良いかと思います。

同じくカロリーについても配慮してあげるようにしましょう。
体格の割に食べられていなかったり、逆に食べ過ぎなどは健康を害するおそれがありますから、
低カロリーの表示がある15歳以上用フードもおすすめです。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

キャットフード詳細

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.