キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

キャットフードの保存方法

キャットフードの保存に関しては、それぞれのお宅が気を遣っているポイントではないかと思います。
猫は本来免疫力が強いんだから、何を食べても大丈夫だろうと考えたくなりますが、
実際室内飼いされている猫に関してはのら猫以上に免疫力も劣っており、
キャットフードの状態が悪ければすぐに体調を崩してしまうような子もいます。

特に梅雨の時期、夏場、秋口の雨の多い時期に関しては、
室内の温度も湿度も高くなる関係上どうしても酸化しやすい環境が出来上がってしまいます。
ネコのエサは一度出したらいちいち冷蔵庫に入れるということはしませんから、
暖かく湿った空気に触れたままにしておくと酸化が進みます。

主なキャットフードにはドライとウェットの二つのタイプがありますが、
ドライに関しては真空パック容器に移し替えて保存しておくと比較的長持ちすると言われています。
箱に入れたまま放置しておくと酸化したり、虫が寄ってきたりしますから真空パックに入れたまま酸素に触れさせないようにしておけば安心です。
その際、出来れば乾燥剤と一緒に真空パックするのが望ましいでしょう。賞味期限なども忘れずにメモしておけば安心です。

ウェットタイプに関しては、基本的に缶やパウチを涼しい場所で保管するのが望ましい方法です。
冬であれば玄関で保管しておいて良いですが、
暖かい時期は封を開けないまま冷蔵庫やクーラーの効いた場所で保存するようにします。

そして一度開けたらそのまま食べきってしまいましょう。
家に家族が誰もいない状態でウェットフードをそのまま置いておくケースがみられますが、
それだと確実に状態は悪くなりますし、においも悪くなって猫も食べたがりません。
なので、普段は涼しい場所で保存しておいて、出来るだけ缶(パウチ)を開けたらすぐ食べてもらうようにしましょう。

キャットフードも食べ物ですから、人間の食事と同じように適切に保存して、美味しく食べてもらいたいものですね。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

and more...

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.