キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

野菜入りキャットフードのメリット

本来肉食である猫は、犬と違って野菜を摂取することはありません。
というのも、外で暮らしていてネズミなどの動物を取って食べる猫は、
身体に必要なミネラルやビタミンなどは野菜以外のところから摂取できるからです。

逆に、室内で飼われている猫はそうした栄養を動物や昆虫から摂ることはできないので、食べ物に頼るしかありません。
飼い主さんにとって、猫がちゃんと栄養バランスの良い食事が出来ているかどうかは気になる問題のひとつです。

外で暮らしている猫にはあまり必要のない野菜ですが、
室内飼いであれば野菜は食物繊維を摂取する意味で若干量必要と言われています。
適度な食物繊維が摂りいれられることによって腸の運動が活発になり、便通が良くなり、
身体に蓄積している老廃物も体外に排出しやすくなるのです。

スーパーなどで「猫の野菜」などと称して草が売られていますが、
それを食べないネコちゃんについては緑黄色野菜入りのキャットフードなどを与えるようにしましょう。

野菜入りキャットフードのメリットはなんといっても、
野菜嫌いのネコちゃんが気軽に食物繊維を摂取できるところにあります。
猫は人間に比べて腸があまり長くありませんから、草や本物の野菜を食べさせすぎるとお腹をくだし、下痢を起こしてしまう事があります。特に生野菜については消化が悪いものとされ、腸内で異常発酵を起こしてしまうケースも報告されています。腹部が膨らんだり、あるいは消化不良を起こしたりして嘔吐感が出るなどトラブルも考えられますから、そうした意味でも野菜入りのキャットフードは効率的で、猫が野菜を摂取するのに適した食事であるといえます。

野菜に含まれている食物繊維やミネラルは、微量な栄養素ではありますが猫にとっては非常に大切なものです。室内で肉や魚ベースのキャットフードばかり食べていると消化や免疫力に影響が出てくることもあります。もしも猫が野菜不足かな、と感じたら、飼い主さんはぜひ野菜入りのキャットフードを与えるようにしてみてはいかがでしょうか。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

and more...

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.