キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像

安全なキャットフードを選ぶには

ネコちゃんに長生きしてもらうためには、キャットフード選びが重要なポイントのひとつだと思います。通常、のら猫の寿命は長くても8歳くらい。10歳を待たずに亡くなるのは当たり前と考えられています。しかし現在室内で飼われている猫のなかには20歳を超える長寿な猫もいます。そのほとんどは若い頃から中年、老年になるまで病気知らずで生きてきており、歯も爪も健康で、食事量も決まった量しか食べることはしません。自分で健康管理ができるネコちゃんというのは総じて長生きです。

我が家の猫も長生きしてほしい、と思う飼い主さんは、美味しく食べられて安全なキャットフードを選んであげると良いでしょう。いろいろな種類が発売されているキャットフードですが、一つには総合栄養食と呼ばれるタイプの食事がベストです。ビタミン、カルシウム、脂質などすべてきちんと含まれている総合栄養食なら栄養価も申し分なく、ネコちゃんに安心して与えられるのではないかと思います。

次に、夏場は酸化した食品を与えると食中毒、感染症など身体を壊すおそれがありますから、ドライタイプのフードの方が確実です。逆に冬場は食べやすいウェットフードでも大丈夫です。水分含有量が13%以上のフードはすぐ腐ったりカビが生えるので、そうしたものを夏場に与えるのは危険です。

また、安全なキャットフードを選ぶ基準のひとつとして「輸入品」か「国産品」であるかも注意しておくと良いでしょう。輸入品の場合、日本へ運んでくる段階でどんな環境にあっても腐らないよう、保存料や酸化防止剤など多くの添加物が入っている可能性があります。添加物は人間と同じように猫にとっても大変有害で、体内に蓄積することで発がんなどの可能性が考えられます。普段の食事が発病のリスクを伴っているというのは恐ろしいことですから、少しでも安全で安心できるキャットフードを選ぶこともまた、飼い主の大切な役目の一つなのではないでしょうか。


安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

and more...

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.