キャットフード専門安全性比較サイト

キャットフードを安全性で比較。我が家の猫ごはん事情もご紹介します。

ロゴ
画像
市販フード・手作り食との比較

材料から吟味して実際に自分の目と手で安全を確認できる手づくり食。
私も一時期はキャットフードを買うのではなく作っていたこともあります。
手づくりをすることで得られるメリットは確かにあります。
例えば、下記のようなポイントです。

画像

料理を楽しむことができる
材料から吟味することができる
安全性に関して自分の目と手で確認できる

しかし、それに対してデメリットがあることも事実です。
それが下記のような点。

毎日作りつづけるのが大変(保存が効かない)
ペットフードレシピのような見た目がキレイなものはなかなか作れない
栄養バランスが偏るかもしれない(ペット用サプリや色々な素材を用意する必要がある)
せっかく作っても食べてもらえるとは限らない
コストがかかる

このデメリットの中でも特に栄養バランスについては心配でした。
猫が摂取したい栄養のバランスは人間と違うからです。
そして、猫にとって理想的な栄養バランスを実現するには様々な食材を用意したり、サプリメントを使うしかありません。 ペット用サプリメントを使用するとなると、また、その安全性を確認しなければいけません。
実際のところ、素人が手作り食を実践するのは本当にリスクが高いと思いました。
同じメニューばかりでは、総合栄養食として成立するものでないと猫が体調を崩す事も有ると思います。

また、一生懸命作っても食べてもらえるとは限りません。
普段食いしん坊な子も手づくり食を出したときだけは「プイッ」として見向きもしてもらえませんでした。
温めたり、スープ状にしたり、鰹節やニボシをフリカケにしてもダメ。
そもそも猫は慣れない物に対して警戒心が強いので仕方ないかもしれません。
空腹のままにしておく訳にはいかずに結局いつもの市販フードを出してしまう・・・

画像

こういったデメリットをふまえると、猫の為にもナチュラルフードを用意した方が良いな・・・ その考えに至ったのはごく自然な流れでした。
今はカナガンキャットフードを与えていますが、これの原料はヒューマングレードなので安心できます。
人工添加物も不使用、穀物も不使用。 手作り食のメリットを網羅して、なおかつデメリットも感じさせません。

こういった優れたキャットフードは意外なことに少なくありません。
我が家で使用しているものはカナガンキャットフードの他にもシンプリーなどがありますが、いずれも添加物は含まれず、原材料も人間以上にこだわられているものばかりです。
唯一のデメリットは市販の安いフードと比較した時のコストでしょうか。
しかし、十分な安全性という点を考えると私はむしろコストパフォーマンスは高いと思います。
手作り食と比べても十分な原料やサプリメントを揃えることで結構お金はかかりますから、むしろ上記のようなナチュラルキャットフードの方が安いのではないか?と思います。

もちろん、手作り食かナチュラルフードかの選択は飼い主さん次第。
個々人で価値観も違うと思います。
まずはどちらも試してみるというのも一つの手段かも知れません。

ただし、市販フードを続けるのは愛猫の健康の為におすすめしたくありません。
病院でも扱われている有名メーカーのキャットフードでさえ、発がん物質が添加物として使用されているほど、ペットの食への意識はまだまだ低いのです。
多くの市販フードは、劣悪な原材料、表示義務のない危険な添加物、大手レストランなどから出た劣悪な廃油などが使用され、CMなどでイメージだけを良くして売られています。

私としてはナチュラルフードを選ぶのがおすすめです。

安心猫フード選びのキホン

我が家の猫が選んだのは…

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • アクアクララ
    ウォーターサーバー
  • PS保険

and more...

Copyright© 2010 Cat Food Navi All Rights Reserved.